馬渕睦夫 – 国難の正体

馬渕睦夫 - 国難の正体―日本が生き残るための「世界史」

馬渕睦夫 略歴

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。
1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。
同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。
金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。
著書に、『国難の正体』(総和社)、『世界を操る支配者の正体』(講談社)、『日本「国体」の真実』(ビジネス社)、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか! 』(ワック)などがある。

国難の正体―日本が生き残るための「世界史」

世界史や国際情勢をみるとき、「東西陣営」や「米中対立」など国家単位でとらえると分からなくなることがある。
・なぜ毛沢東の弱小共産党が中国で権力を握れたのか
・朝鮮戦争でマッカーサーが解任された本当の理由
・アメリカはベトナム戦争に負けなければならなかった
・なぜかアメリカ軍占領後アフガニスタンで麻薬生産が増大した
など戦後世界史の謎を解き、いま日本がおかれている国難の正体を分かりやすく解説する。

冷戦は八百長

・1913年のアメリカ連邦準備制度(中央銀行)の設立でイギリスによるアメリカ金融支配が確立

・アメリカの中央銀行は民間銀行、ロンドンシティー、ウオール街の国際銀行が株主

・アメリカはソ連に経済協力を施すと同時に、国内でソ連の脅威を煽り軍拡を実施

・ソ連のボルシェビキ革命の指導者達(レーニン、トロツキー、ジノヴィエフ、スベルドルフ、ラデック、リトヴィーノフなど)はユダヤ系。革命後のソ連政府幹部の8割以上がユダヤ人。大多数は革命を期にトロツキーとアメリカから渡ってきた。

・ボルシェビキ革命を支援した英米の金融勢力にとってソ連は彼らの理想とする独占的経済秩序の実験場だった。

・中央計画経済は内部に矛盾を孕んだシステムとわかり、この実験を終了させる役割をゴルバチョフ。ペレストロイカ(民主化)、グラスノスチ(情報解禁)という共産主義を否定する政策を実行。

・ゴルバチョフは回想録で共産主義体制崩壊を意図して実行したことを間接的に認めている。

中華人民共和国建国の謎

・日本軍に首都南京を攻略されたにもかかわらず、蒋介石に重慶で戦闘継続を強要したアメリカ。アメリカのドノヴァンOSS(CIAの前身)長官は共産党に武器・物資を送り支援していた。アメリカは中国を共産主義者に売り渡す戦略だった。

・大戦後の国共内戦時にマーシャル将軍は国民党への援助を遅らせ、中共軍の立て直しの時間を稼いだ。優勢だった蒋介石に国共連立政権を強要した。

・マーシャルが中国を共産主義に売り渡した張本人だと非難するアメリカ人がいた。マッカーシーは『共産中国はアメリカがつくった』を出版。

・ウェデマイヤー将軍は蒋介石政府にわずかな支援をすれば共産党との紛争は沈静化できると支援をアメリカ政府に要請した。

・マッカーシーは、蒋介石に日本との戦争継続を勧めたのはアメリカだと証言。

・ウェデマイヤーが蒋介石に提出したレポートには、アメリカの中国政策として『蒋介石が共産党征伐をするなら支援を打ち切る、国共統一政府を要求する』と書かれていた。

・アメリカはソ連を強国にするため、共産党政権を樹立させ中国をソ連の影響下におく必要
があった。

・アメリカは分割統治の鉄則に沿って、蒋介石を台湾で延命させ共産党を牽制させることも忘れなかった。

・ロックフェラーやアメリカ大富豪が望んだことでニクソン訪中(ロックフェラー回顧録)。ベトナム戦争終結のため米中和解。財閥がアメリカの外交を左右している。

・訪中した最初のアメリカ銀行家がデビット・ロックフェラー。彼のチェース・マンハッタン銀行は中国のアメリカ代理店となる。後に鄧小平はキッシンジャーの指導の元、改革開放路線をとる。

朝鮮戦争の謎

・アチソン演説:アチソン国務長官は『中国の台湾侵攻があってもアメリカは介入しない、アジアの防衛線には南朝鮮を含めない』と演説。五ヶ月後、北朝鮮は韓国に侵攻。

・アメリカはなぜ勝とうとしなかったか?マッカーサーの作戦はラスク国務次官補を通じてイギリスに流出、そしてイギリスからソ連、インドを通じて中共・北朝鮮軍に流れた(マッカーサー回顧録)。

・マッカーサーは蒋介石への支援を何度も本国に進言したが拒否された。『日本を相手にした時には蒋介石と手をにぎることに反対しなかった連中が、なぜ共産主義勢力を相手にする時にはそれを嫌がるのかはついに明かされなかった』(マッカーサー回顧録)。

・マッカーサーは満州爆撃要請。国務省(ラスク国務次官補)の返事は『満州国境から8キロの範囲内の爆撃延期、事前協議なしで中国への攻撃を含む可能性のある行動を取らないことをイギリスと約束している』(マッカーサー回顧録・トルーマン回顧録)。

・イギリスが守ろうとしたものとは?イギリスと中国は19世紀からアヘン貿易で密接な関係。上海はユダヤ系イギリス人サッスーン財団の支配下にあった。中国権益を守りたいロンドン・シティーの財閥がイギリスに圧力をかけ、アメリカも従わざるを得なかったのではないか。

・朝鮮戦争はアメリカ(国連軍)対北朝鮮・中共軍の戦争。安全保障理事会には拒否権をもったソ連がいた。スターリンの支持によりソ連は安全保障理事会を欠席(『グロムいこ回想録』)。スターリンはアメリカの意向を了承していたのでは?だとすると、朝鮮戦争は米ソの演出。

・まとめ:朝鮮戦争は米英ソが組んでアメリカを敗北させた。
北朝鮮に侵攻の種をまいたのはアメリカ。アメリカが参戦可能にしたのは北朝鮮の同盟国ソ連。中共軍の進入経路を爆撃するなとアメリカに命令したのはイギリス。アメリカの作戦行動を伝えていたのはイギリス。イギリスに作戦を伝えたのはアメリカ。

・朝鮮南北境界線は戦争前と変わらず。利益を得たのは資金融資をした国際金融家と武器を売って儲けた軍需産業。これらを軍産複合体と呼んでアメリカ国民に危険を警告をしたのがアイゼンハワー。

・朝鮮戦争休戦前にスターリンは側近のベリヤによって暗殺される。

ベトナム戦争の謎

ソ連は共産主義国の北ベトナムを支援。なぜかアメリカは戦争中に北ベトナムの後ろ盾であるソ連に経済協力を開始する。アメリカはソ連に300億ドルを融資。ソ連はこれをアメリカからの『非戦略物資』の輸入に当てる。この『非戦略物資』には石油、航空機部品、レーダー、コンピュータ、車両なども含まれる。

・ロックフェラー財閥は石油、金はロスチャイルド財閥が圧倒的な支配を及ぼしている。

・毛沢東はアメリカとの核戦争を想定していた(『グロムイコ回想録』)。グロムイコはソ連は反対である旨伝達。中ソ関係が悪化。

第4次中東戦争と石油危機の謎

・エジプト、シリアにイスラエルを攻撃させ、イスラエルがパレスチナを占領しているのを口実にOPECが石油禁輸、値上げを断行するとのシナリオを書いたのはキッシンジャーであることが有力説となっている。

・世界の石油需要が拡大し、価格決定の中心は中東産油国に移った。アメリカは失った原油価格決定力を取り戻すために手を打つ必要があった。

・OPECの石油禁輸戦略によって石油価格は暴騰。アメリカなどの石油財閥、金融資本家が大儲け。

湾岸戦争の謎

・イラン・イラク戦争を終えたばかりで、イラクのフセインはなぜクウェートに侵攻したか?アメリカはイラクにクウェートを攻撃させ、侵略者イラクを叩く戦争を演出した。

・クウェートはイギリスの仲介に従い、イラン・イラク戦争中フセインに資金援助。アメリカの銀行は融資の条件として国有石油産業の民営化を提案。フセインは拒否。大量破壊兵器に融資が使われていると英米メディアが報道。

・1990年7月27日にアメリカはイラクとクウェートの国境問題には関心がないことをフセインに伝える。8月2日にイラク軍はクウェート侵攻、全土を占領。

・クウェート首長は事前にCIAより情報入手、クウェートを脱出しロンドンに。アメリカのチェイニー国務長官はイラクがサウジアラビアに侵攻する可能性があるとしてサウジにアメリカ軍を駐留させる。

・湾岸戦争は超大国アメリカ(英米金融資本家)による世界支配を維持、強化するため日本、ヨーロッパ、産油国がアメリカ主導に従うという仕組み(新世界秩序)を生み出すための戦争だった。

イラク戦争、東欧のカラー革命、中東の春の謎

アラン・グリーンスパンFRB議長『イラク戦争は石油をめぐるものである』(回想録『波乱の時代』)。

・東欧カラー革命(グルジアバラ革命、ウクライナオレンジ革命、キルギスチューリップ革命、旧ソ連諸国の民主化革命)はアメリカ政府の資金援助を受けたNGOが主導した。

・中東の春と呼ばれる、民主化運動も国際的NGOが主導した。

アメリカの世界戦略は誰が決めているか

・外交問題評議会(マンハッタンの民間シンクタンク)がアメリカ外交政策を実質的に支配している(『ロックフェラー回顧録』)。

・外交問題評議会(CFR)はモルガン財閥やロックフェラー財閥の支援で1921年に設立された。創設メンバーはイギリスと深い関係の銀行家、実業家がほとんど。

イギリス金融資本家の軍門に下ったアメリカ

・アメリカ独立後、ロンドンの金融家はアメリカに中央銀行を設立。その特色は、『通過の供給を独占的に行う』、『民間銀行』。

・合衆国第一銀行の株式の80%をネイサン・ロスチャイルドなど民間銀行が保有。アメリカ政府は20%のみ。

・連邦準備制度はアメリカ中央銀行の仕組みの総称。
 ポイント1、通貨発行権など通貨管理を民間人が所有する連邦準備銀行に渡してしまった。
 ポイント2、連邦準備銀行の株主は民間銀行のみ、アメリカ政府は所有できない。
 ポイント3、アメリカ政府は自国通貨を印刷するのに連邦準備銀行の株主(民間銀行)に借金をして利子を払う。

国際銀行家とはなにか

・デビット・ロックフェラー『一族と私は国際主義者である。グローバルな政治・経済構造(ひとつの世界)を構築しようと企らんでいるという。もし、それが罪なら私は有罪だ〜国際主義者の活動によって今日の繁栄がある、我々はみな国際主義者になる必要がある』(『ロックフェラー回顧録』)。

・アメリカ史において、ポピュリストとは頭部エスタブリッシュメントに反発する人民の怒りを表す言葉。ロックフェラーたちは国際主義者に反対する人々をポピュリストとよんで非難している。

アメリカの大富豪とは共産主義者である

・共産主義も国際主義も世界を統一しようというイデオロギー。

・グローバリズムの特徴は、一握りの大富豪と大多数の貧困大衆とに二極化。共産主義も共産党特権エリートと大多数の貧困労働者に二極化される。

コメントを残す

*